駄目大学生記

オオカミのケツを追っかけている大学生のブログ

神奈川新聞花火大会で花火を撮る

8月4日に神奈川新聞花火大会に行ってきました。彼ピッピと♥
嘘です。友達と行ってきました。

梅雨が明けたからというものの、連日鬼のような暑さにやられてしまっています。花火大会当日もそうでした。
場所取りに向かったのは確か17時前だったと思います。人混みが嫌だったのと、少しチャレンジしてみたくなり、自分達は絶対に花火を見ることが出来るみなとみらいから離れ、野毛山公園の高台で見ることにしました。
開始まで約2時間。段々と人が集まってくるのと同時に、「ここで見れるのか」と心配も募ってきました。去年はみなとみらいで見たのですが、あそこは本当によく見れたので更に心配は募ります。

花火が打ち上げられる19時、思っていたよりもよく見えました。しかし、木と電柱と住宅街が邪魔をして、下の方で打ち上げられている花火は見ることができませんでした。うーん、残念。やっぱりみなとみらいで無理してでも見るべきだったか。それと、当日は場所取りに徹した方が良かったですね...w

買い出しに行ってくれた友人に感謝。お陰で花火を見ながらお酒を飲んだりつまんだりするという、ちょっと贅沢な花火鑑賞をすることが出来ました。ありがとう。
それと、三脚をひっくり返してびっくりさせてしまって前にいたお母様に。ごめんなさい。自分がつい見とれて周りに目が届かなくて鑑賞の邪魔をしてしまいました。

いい花火大会は周りにも気を配ってみるべきですよね。今度見に来るときにはそれもしっかり意識して見たいと思います。以下は撮ってきた写真です。

IMGP8012

IMGP8030

IMGP8031

IMGP8035

IMGP8037

IMGP8039

IMGP8041

IMGP8043

IMGP8044

IMGP8045

IMGP8051

IMGP8052

IMGP8054

IMGP8055

IMGP8063

IMGP8070

IMGP8077

IMGP8079

IMGP8082

IMGP8083



















































































































































































































































撮ってみて気付いたのですが、三脚とレリーズさえあれば綺麗に簡単に撮れますねー。その他に遮光板もあった方がいいです。自分は鏡(黒いやつで周りを覆われているもの)を持って行って代わりにしました。なかなか便利。レンズの焦点距離は遠くで35mm換算で150mm前後あれば全部入っちゃいますね。近くだと50mmぐらいもあれば十分...?
ちなみに今回の写真なんですけど、一緒に行った友達にはいいとは言われましたが、別に見せた友達からは電柱邪魔すぎとダメ出しを食らってしまいました。いいじゃないですか。電柱も夏の景色には風情あるもんですよ(言い訳)
広告を非表示にする